当社の強み Strength

アクリル加飾部品メーカーが
樹脂加工品の製作・調達をサポートします

アクリル加工.comを運営するマーク工業は、工業製品・民生用電気機器等のアクリル加飾部品、樹脂切削加工品を手掛ける部品メーカーです。
30年以上にわたり、中量~大量生産品の量産生産品、少量多品種の個別生産品を大手機械メーカー、電機メーカー様に納入を続けており、高い評価を頂いております。

アクリル加工.comはマーク工業の強みであるアクリル加工品について、世の中のエンジニアの皆様のサポートのために運営を行っており、アクリルに関するお役立ち情報やマーク工業の技術情報などを発信しています。

アクリルをはじめとした加飾部品の製作でお困りの際は、ささいなことでもぜひアクリル加工.comのマーク工業にご相談ください。

  • ばれる理由

    01

    コロナウイルス飛沫感染防止対策

    飛沫防止ガードのお問い合わせは弊社まで。現在の情勢においても早いレスポンスで製品の企画・設計から製造までワンストップでできるのが弊社の強みです。現在、需要が高い商品となりますので欠品時は材料調達の為お時間頂戴します事、予めご了承ください。

  • ばれる理由

    02

    1個から100万個までの生産キャパシティ

    マーク工業で生産している樹脂部品は、文字通り単品から量産品まで多岐に渡ります。1品ごとの丁寧な手作業での仕上げが必要なアクリル加工品から、自動車向け機器の樹脂切削加工品まで、月産1個から100万個まで対応可能な社内設備とスペシャリストが存在します。変種変量生産にも柔軟に対応し、広大な工場で仕掛品の在庫も相談可能です。ぜひご相談ください。

  • ばれる理由

    03

    アクリルの接合技術(重合接着)

    アクリルはプラスチックの女王とも呼ばれ、加工次第で非常に美しい仕上がりとなる材料です。マーク工業はこのアクリルの加工について長年の加工ノウハウを社内に蓄積しており、切削加工、仕上げ(磨き加工ほか)はもちろん、材料同士を接合させる重合接着においては国内トップクラスの加工技術を持ちます。別部品を接合しても継ぎ目がまったく見えないような、高度な加工技術をぜひ一度工場まで見に来てください。

  • ばれる理由

    04

    あらゆる樹脂加工を駆使した課題解決

    アクリル加工に加えて、マーク工業では他の様々な樹脂材料、加工方法にも精通しています。自社が創業から培ってきた彫刻や切削加工はもちろん、シルク印刷やインクジェット印刷、曲げ加工など様々な自社加工メニューがあります。またプラスチックのプロフェッショナルとして、パートナー企業と協力しての真空注型や射出成形といったご相談にも対応可能で、お客様の課題に最適な加工提案を設計段階からさせて頂きます。プラスチックのことならなんでもご相談ください。

  • ばれる理由

    05

    長尺・大物プラスチック加工

    マーク工業が社内に保有する、多頭軸の切削加工機ラインナップは西日本でトップクラス。日本国内の多くの樹脂加工会社が海外工場への移転や加工事業の停止等で国内での切削加工を辞める中、マーク工業は国内生産を続け、お客様からもQCDの面で高い評価を頂き続けています。他社では加工できない長尺、大物プラスチック部品の量産生産には大きな強みがあります。1品から加工できる加工会社は多くとも、それを量産生産ベースのQCDで行うことができる会社は多くありません。ぜひ樹脂部品の量産生産はマーク工業にご相談ください。

  • ばれる理由

    06

    量産品質を支える品質管理

    量産部品を安定的に生産するためには、各種設備等も重要ですがそれ以上に重要なのは品質保証も含めた管理体制です。マーク工業では長年、単品から数百万個単位の量産生産を手掛けてきた実績から、生産品に対する柔軟な管理体制を構築しています。変種変量の製品の品質管理の他、複数の加工会社を経由する製品、組立まで請け負う製品に至るまで、高い品質管理能力でお客様の管理コストを削減、調達に関わるリスク低減にご協力します。